ちいさな日々の記録

2022/10/16

ART&CRAFT 静岡手創り市終了しました。

10月8日、9日の2日間のART&CRAFT 静岡手創り市 秋を無事に終えることができました。お越しくださったみなさま、作家のみなさま、スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。充実した貴重な時を今年も素敵な場所で過ごすことができてとても嬉しく思います。

手創り市初日の開始時間に昨年もお越しくださったお客様に今年もお会いすることができました。大判のストールをお持ち帰りくださいました。昨年購入くださったねずみのマスコットを枕元に置いて寝てくださっているとお客様からお聞きし、胸がキュンとしました。七五三の写真撮影の小道具にとお手玉を購入くださったカメラマンの女性。毎年お越しくださる島田からお越しの素敵な女性。お会いするのを楽しみにしていました。すべてのエピソードを書くことができないのですが、この手創り市はお客様とのふれあいも含めてとても意味深いものです。

私が作るものは日々の生活に寄り添うものばかりで、特別なものは何一つないのですが、小さな何気ないものが少しでも生活を潤すことができたら、そんな喜びはありません。家族のために編むように編む。これからもこの気持ちを胸に、続けていけたらと思います。

このイベントは初日はほぼ寝ていない状態から始まり、2日間を終えて自宅に戻るころにはエネルギーが残っていない状態です。すこしずつ身体の調子を取り戻しながら、手創り市でオーダーいただいたコットンのちいさなかごセットを編んでいます。手創り市の会計用の釣り銭を入れているかごを気に入ってくださいました。細編みだけで編む私のお気に入りのアイテムです。もう少しで仕上がりますので少しお待ちください。細編みはとてもシンプルですが、目が揃うととても美しいです。マクロカメラで撮影してみましたので、ご覧ください。

愛知県もだんだんと冬に近づいてきています。猫たちの眠る姿がまあるく、猫同士で寄り添うようになりました。インフルエンザ、コロナと、気をつけなくてはいけないことがたくさんありますが、健康で楽しい秋冬を満喫していただけたらと思います。今年の夏裏庭で保護した子猫たちと一緒に時間を過ごし、里親探しを進めてきました。4度目の猫の譲渡会参加でトライアルの申し込みをいただき、11月に男の子の兄弟が一緒にトライアルに出発します。彼らの幸せを願って、まずは無事に届けることがこらからの私の第一優先計画です。それから少しずつ冬支度を進めたいと考えています。猫専用のインスタグラムのアカウントを作成しました。猫がお好きな方がいらっしゃいましたら、ご覧いただけますと嬉しく思います。@slowcatlife.m

長くなりましたが、ART&CRAFT 静岡手創り市 秋の終了の報告とさせていただきます。 とても幸せな時間をありがとうございました。

Image

護国神社。緑に囲まれた神聖な空気感が大好きです。

Image

絵画のような紅葉

Image

におい、音、空気、すべてがすばらしいです。

Image

コットン100%の糸で編むかご

Image

細めのかぎ針を使用してきつめに細編みします。

Image

ぽこぽことして表情が可愛いです。

2022/09/11

ART&CRAFT 静岡手創り市に参加させていただきます。

今年もART&CRAFT 静岡手創り市に参加させていただけることとなりました。


今年に入ってずっと左肘の具合が思わしくなく、通院しながら様子を見てきました。痛くなったら休憩するなどであまり継続した作業を行うことができず、多くはお持ちできませんが、ひと針ひと針編んだもの、縫ったものを当日お持ちできたらと思います。今年のアイテムの一部をお写真でご紹介します。開催日は10月8日、9日です。ご都合が合いましたら、ぜひお越しくださいませ。あの美しい神社でみなさまにお会いするのを心待ちにしております。

今回もキャッシュレス決済のご用意ができておりません。みなさまにはご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

Image

アラン編みのニット帽。ウールとアルパカ素材でとても柔らかです。

Image

カシミアの極細糸2本を引き揃えて編んだ大判のストール。

Image

ふんわりとした風合いのネックウォーマー。ウールとアルパカ。

Image

猫のエブリデーキット。お皿の受けかご、マット、猫じゃらしボールのセットです。お皿は含みません。

Image

藤編みと糸編みのコラボ。強さと柔らかさでお互いを引き立てます。

Image

猫のマスコット。素材はウール、アルパカなどを使用しています。